2018年5月 5日 (土)

お天気続きの大型連休

大型連休も、まもなく終わる。
今年は、9連休(4/28土~5/6日)なんて方もいるのだとか。
なかなか外出がままならない状況なもので、お休み中も、ほぼ通常どおりの日々。
連休中、お天気続きで気温が上がり、ときおり雨もたっぷり降って、ちっちゃな庭では、芽吹きがすすみ、花も咲き始め、楽しませてくれるのが嬉しい。

180505dscn0476 シャクヤクの大輪は、いつ見てもゴージャスで、自己主張がはげしい。
例年2~3輪は咲くのだけど、今年は1輪のみ。

そういえば、昨年、大きな木を剪定していて、ドテッと倒れちゃったのが、このシャクヤクを植えてあるところだったような、、、。
ダメになっちゃわないで、よかった。

180505dscn0472
180505dscn0474よく見ると、ブラックベリーの花も咲きはじめた。
うちのカメさん、この実が大好きなので、実がなるのが待ち遠しい。
桑の木には、緑色の実がたくさんついていて、ちょっぴり色づいてきた。こちらも、カメさんの好物。

じっくり一日、庭仕事に費やせなくて、延び延びになっていたけれど、ちゃちゃっと雑にハーブの種も少し播いた。
まだ、播ききれていない種、いつ播こうかな。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

初物

今夜は、はげしい雨が降るという予報。

180424dscn0461今年もたくさんの実をつけたミザクラ。
雨風で、きっとボロボロ落ちてしまうだろうと、赤く色づいたちょっぴりの実を収穫。

昨年ものすごくたくさんあった、
いもむしと見間違う虫こぶミザクラハベリフクロフシ)は、ほとんどみあたらない。
時季が少し早いからなのかどうか、よくわからないけれど。

小さくてかわいらしい実は、初物なので、まずは、お仏壇に供えたりして。
お下がりをいただくと、意外にも、かなり甘くておいしい。

180424dscn0459
さくらんぼは、夏の季語。
これから暑くなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

はげしくピンぼけ

今日は一日中、ゴォーゴォーと強風がうるさいほどに吹いていた。
玄関先の草木も抜けちゃうのではと思うくらいに揺れていて、ふと見ると、見慣れないイモムシが。

P1000029全身きれいな黄緑色で、まるで小さな葉っぱのよう。
大きな触角と愛らしい顔のゴマダラチョウの幼虫みたい。

*追記:アカボシゴマダラでした。幼木のエノキについているのは、ほぼ「アカボシゴマダラ」と、詳しいSさんに教えていただきました。ありがとうございます。

これは、ぜひ写真を撮りたいと、デジカメをもってきて、何度もシャッターを押すものの、ほぼすべて、はげしくピンぼけ。

けっきょく、ガラケーの携帯電話のカメラで、かろうじてなんとか撮れたのが、こちら。
あぁー、顔が写ってないですね。

よーく見たら、2匹いました。
画像は、強風から避難したのか、かなり根元のほうに移動していたところ。
どこにいるか、わかりますか?

P1000031 この小さな木の新芽部分を熱心にかじっている姿は、なかなかかわいかったのだけど。
撮ることができず、残念。


いま使っているデジカメは、友だちからもらった、かなり古いタイプのもの。
もう何年も、ものすごくいろいろな場面で使ってきたのだけれど、花や虫など接写したいときに、ピントがうまく合わないのが難点で。

これまでも、撮りたかったものはピンぼけで、その背景がくっきりシャープに撮れていて、がっかりしたことが何度も。
はぁ~、そろそろ換えどきですね。
撮ってる私の技量に関わらず、いまどきのデジカメはかなりきれいに撮れちゃうって聞きますから。


*新芽を食べられた草木が丸裸になってしまうのは困りますけど、幼虫たちは、意外とかわいかったり、おもしろいですよ。
見知らぬ幼虫をみかけたら、『イモムシハンドブック』で、調べてみてはいかがでしょ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

ぽかぽか陽気で、春まっさかり。

この冬は、寒い寒いと冷え込んで、3/21(水・祝、春分の日)には、雪まで降って、びっくりしました。
でも、季節はめぐり、このところ、ぽかぽか陽気が続いています。

180325dscn0376 ご近所の桜がいっせいに花開き、今年も楽しませてくれました(3/25日)。

庭の隅っこでは、香りよくきれいにシロバナジンチョウゲが。

P1000018_2





180328dscn0390

この陽気が続いたってことは、そろそろお目覚めになっているかも、と覗いたところ、うちのカメさんは、すでに数日前から冬眠明けしていたらしい。

そういえば、昨年も同じころにお目覚めだったんだっけ。

なんて3月末に書きかけたまま投稿忘れて、もう一週間もたってしまいました。
その間、暑いくらいの陽気かと思えば、北風吹いて寒さが戻ってきたりと、季節の変わりめは油断できません。

でも、確実に季節は春へ。
冬眠明けのカメも、このところの寒さにも関わらず、餌を食べ始めました。はぁ~、これでひと安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

南方熊楠のパワーはスゴイ!

180223dscn0320 上野の国立科学博物館へ、南方熊楠生誕150周年記念企画展南方熊楠-100年早かった智の人- を見に行ってきました。

粘菌の研究者として、鎮守の森を伐採する神社合祀令への反対運動をした人として、知ったのは、いつのことだったか。
今回、膨大な標本と古今東西ありとあらゆる文献からの筆写ノート・抜書(ぬきがき)をみて、あらためて、そのパワフルな活動に驚かされた。

180223dscn0314 熊楠の活動は、博物学にとどまらず人文科学など多岐にわたっていて、寄稿した雑誌の表紙を並べると、その興味関心の拡がりは広範囲におよんでいる。
この人のアタマのなかは、いったいどうなっていたのかと不思議に思う。
展示の案内文に、

“熊楠の頭の中をのぞく旅”に誘います。
とあるのは、ウマイなぁと思う。

以前に、ワタリウムで見た「クマグスの森 南方熊楠の見た夢」
でも、採集した菌類標本と記録や絵を描きこんだ「菌類図譜」のボリュームに圧倒されたけれど。

Dscn0321 そのときに買った、水木しげるさん著『猫楠 南方熊楠の生涯』を読むと、並外れた奇人・変人であったよう。

ほとんど論文を発表していないために、研究者として評価されなかった熊楠は、近年になって、大量の資料を収集・蓄積し、操作・処理した「情報提供者」として評価されるようになったのだとか。

ともあれ、稀代の変人であり、智の巨人、南方熊楠を感じられる展示。3/4(日)までと残りわずかですが、お薦めです。
同時開催の「地衣類-藻類と共生した菌類たち-
も、きれいな地衣類の標本をぜひ見てみてください。

☆『街なかの地衣類ハンドブック』も、どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ラオスの風を感じるひととき