« 日焼け対策 | トップページ | ほおずき市 »

2009年7月 6日 (月)

『降りてゆく生き方』

北海道の浦河町に「べてるの家」がある。
ここ、べてるの家は
、精神障害などをかかえた当事者の地域活動拠点として、1984年に設立され、社会福祉法人浦河べてるの家、有限会社福祉ショップべてるなど、さまざまな活動があり、そのユニークな取り組みが全国的に注目を集めている。

おととい、「『降りてゆく生き方』映画鑑賞会&トークセッション」が、池袋にある立教大学であった。
チラシ:
本を読んで以前から関心があったので、ぜひ一度、「べてるの家」関連の講演会を聴きたいと思っていた。が、なかなか機会がなくて、この日初めて。期待いっぱいで会場へと向かった。
当日は、映画上映後の第2部から参加。

出演者は、映画『降りてゆく生き方』のプロデューサーで弁護士の森田貴英さん、社会福祉法人「浦川べてるの家」理事でソーシャルワーカーの向谷地生良さん、社会福祉法人「浦川べてるの家」スタッフで自己病名:統合失調症ぽい苦労分解酵素欠乏症の下野勉さん、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科准教授の佐野淳也さん、ほか。

直接、ナマの声を聴くというのは、やはり刺激的で、本から感じた気づきが深まるというか、いろいろな想いが浮かんできた。
企業法務やファイナンスが専門という森田さんの「ビジネス畑」からの視点と医療や福祉といった「べてる」との接点がおもしろく、セッション最後の質疑応答では、話題は「幸福論」へと拡がった。

向谷地さんと下野さんが飄々と語る、べてるの日常は、日ごろ「あたりまえ」とされているものを揺り動かす。
そのエッセンスが、べてる語録とも言うべき「理念」に集約されている。いわく、
☆弱さの情報公開
☆利益のないところを大切に
☆昇る人生から降りる人生へ
などなど。

精神障害者と健常者という違いではなくて、ともに生きるうえで大事なことに気づかせてくれることが、べてるの魅力なのではないかと思う。
病を得て苦労があってもなくても、人生には常に問題が起こるもの。
わたしたちが望むのは、(どんな状態であろうと)誰もが安心してくらしていくことのできる社会だよね、と問われたような気がする。「もちろん」と、私も頷く。

トークセッションのタイトルは、「変革は、弱いところ、小さいところ、遠いところから」。「べてるの家」の動き、これからも見逃せない!
*「英会話寺子屋のお知らせメール」にて、今回参加できました。Iさん、ありがとう。

この日、実は一番印象に残ったのは、コーディネイターを務めていらした佐野さんの話。
愛媛県吉野川のダム建設を停めた住民運動に関わっていたとのこと。
住民の大多数(当時の有権者の半数以上!)が反対という住民投票の結果を徳島市議会が考慮せず建設をすすめようとした。→驚いた市民が選挙で選び直した新しい市議会が、住民投票条例をつくって実施。→投票率55%で、ダム建設反対90%→衆議院選挙でも、徳島市長選挙でも、建設反対の議員、市長が当選し、県知事選挙でも。→吉野川ダム建設ストップ。

詳しくは、NPO法人吉野川みんなの会 姫野 雅義さんの「吉 野 川 第 十 堰 と 住 民 の 歩 み」を。
住民みずからの発案で、気軽に署名できるように、お店などに署名スポットを設け、イベントなどを企画して楽しく活動をすすめたそうだ。そのうえで、住民が納得のできる結果となった。(1993年~2002年のこと。)

ちょうど選挙が注目されている今、希望の持てる話だった。

|

« 日焼け対策 | トップページ | ほおずき市 »

きょうの気づき」カテゴリの記事

コメント

きょうりゅうや様
「英会話寺子屋」ブログとの文中リンク、ありがとう! 会場に居ましたか? 私も居ました〜。
そうそう、そのコーディネーターの佐野さん、ユニークでしたね。彼がべてるを引っ張ってきた感じwink

べてるだけが注目されるのではなく、地域や職場がべてる的になっていかなくちゃ、と思います。
べてる理念つーか語録で私が好きなのは、「安心してサボれる会社づくり」「今日も明日もあさっても、順調に問題が起きる」「問題は解決しないけど、解消する」などなど〜。catface

投稿: ミキコ | 2009年7月 8日 (水) 02時27分

ミキコさん

会場で、聞き覚えのある笑い声が聞こえたhappy01ような気がして、キョロキョロ見回したのだけど、わからなかったのでした。会いたかったなぁ。

べてる語録、ホームページでは、「理念」と紹介されてたんですよ。横には、べてるの顔・早川さんの笑顔の写真がいい感じです。

投稿: きょうりゅうや | 2009年7月 8日 (水) 11時25分

いたんですか? ぼくもいましたlovely

当事者の下野さんの話が聞けてよかったなと
あの脱力感がたまらない

力を抜くところから始まるのかな
変なところに力の入ってる人が多すぎるから

それとギターのストロークがきれいでしたnote

投稿: こーいち | 2009年7月10日 (金) 16時25分

こーいち さん

え~eye、こーいちさんもいらしてたんですか。会場できょろきょろ知っている人がいないかと探したんですけど。

下野さんの話、よかったですよね。
直接、話を聞くのは、本の字面からだけでは伝わらないものがたくさんありました。

投稿: きょうりゅうや | 2009年7月10日 (金) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536186/45550130

この記事へのトラックバック一覧です: 『降りてゆく生き方』:

« 日焼け対策 | トップページ | ほおずき市 »