« 春の訪れにそなえて | トップページ | トウキョウサンショウウオ・シンポジウム »

2011年2月28日 (月)

映像の影響力

ゴリラが、自分たちの住む原生林を守って! と訴えるビデオ「The Ancient Forests――僕たちの原生林を守って!」は、2分39秒という短い時間で、森林伐採の現状とその問題点を伝えている。
(あえて突っ込みを入れると、なぜ「僕たち」なんだろうね?)

写真や動画といった映像には大きな影響力があることは、広告や報道に日々接していて感じてはいるのだけれど。
このビデオを見て、たくさんの人に短い時間で伝えることができる、映像のわかりやすさの利点を再確認したので紹介してみました。(動画の投稿も試してみたかったということもありまして。)

で、一方で、なんでも鵜呑みにするのは危険ですよねー、とも強調したいと思います。
大量に流れる情報について、ひとりひとりが自覚してというか、まずは「これ、ほんとう?」と考えて、受け取った情報について違う角度からの情報も考慮して判断しないと、偏った考え(ときに偏見)に陥ることになっちゃうのでね。

私は、よくテレビのCMやニュースなどを見ながら、思わず「嘘つき!」と抗議の声をあげてしまうことがありますよ。「環境にやさしい」とか「エコ」とかは、要注意な言葉ですね。
「グリーンウォッシュ」なんて言葉もあるくらいですから。

|

« 春の訪れにそなえて | トップページ | トウキョウサンショウウオ・シンポジウム »

きょうの気づき」カテゴリの記事

生きもの・植物関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536186/50965896

この記事へのトラックバック一覧です: 映像の影響力:

« 春の訪れにそなえて | トップページ | トウキョウサンショウウオ・シンポジウム »