« 大山詣 | トップページ | 『までいの力』 »

2011年5月31日 (火)

海の手山の手ネットワーク

土曜日(5/28)、いつもお世話になっている「GAIA・がいあ」さん主催の食品・雑貨見本市へ行ってきました。
ざぁーざぁーと雨の降る、あいにくの天気でしたが、久しぶりに懐かしい顔とお会いすることができました。
新製品「
ソラダ ニーム粉はみがき」SAP・さぷのKさん、使いやすいチューブ入り「ねんどのクリーム」を丁寧に塗ってくれたボディ・クレイのTさん、「海をまもるがんこクロス」がんこ本舗のKさんは、お客さまとお話中でご挨拶できませんでした。
ハーティーハート化粧品」イノチのKさんからは、6/4(土)に開催の「八王子からはじめる原発に頼らない社会」という田中優さんの講演会を教えていただきました。

この日、賑やかな会場の入口で、ひときわ元気に来場者に声かけをしていたのが、「海の手山の手ネットワーク」。

110528

東日本大震災の被災地、宮城県からの参加、とのこと。

地元新聞「河北新報」で作った手提げ袋が目を惹きます。
その中に、よっちゃんなんばんの南蛮だれ、梅農場の梅干し、玄米餅と蓬餅、小さな竹を輪切りにした容器に入った盆栽が入ったセットを販売中。

さっそくお話を伺うと、3/11の地震で内陸部もかなりの被害が出ている。沿岸部は津波ですべてを失った。海の自然に囲まれた「海の手」も、豊富な山の自然の「山の手」もともに手を携えて前へと進もう。
「支援する」側、「支援される」側ではなく。

まずは、海の手・南三陸から避難してきたみなさんがいる、大崎市・山の手で、「今しかできない手仕事の“海の手”商品」を作って持ってきた。
それが、地元新聞「河北新報」で作った手提げ袋であり、竹盆栽など。

まずは、山の手による海の手の雇用からはじめ、山の手も、宮城県も、東北から全国へと地域の経済復興を拡げていこうという。
「やっぺっちゃ!!復興!
宮城丸ごと!いぎなり応援してけさい~ん!」
だそう。


くわしくは、「よっちゃん農場ドタバタ日記」「山の手日記」を。

1105283_2 

おまけに1鉢もらった、アルメリア(むかって左)。ツルニチニチソウ(むかって右)ともども、元気に育ってほしいなぁ。 

|

« 大山詣 | トップページ | 『までいの力』 »

きょうの気づき」カテゴリの記事

きょうりゅうや」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536186/51816466

この記事へのトラックバック一覧です: 海の手山の手ネットワーク:

« 大山詣 | トップページ | 『までいの力』 »