« ノウタケ!? | トップページ | またまた来ました、赤岳~。 »

2013年12月12日 (木)

映画『標的の村』

F0110月、久しぶりに劇場で見た映画『標的の村』。
月に一度配信している「きょうりゅうや通信」のあとがきに書いた感想というか紹介というか、を自分用のメモとして再録しておきます。

=========

ロングランとなっている話題の映画『標的の村』
http://www.hyoteki.com/ を「ポレポレ東中野」で見てきました。
知っているつもりでいたけれど、映像で見る現地の状況は切迫した厳しいものでした。
ベトナム戦争時に枯葉剤を散布していたと初めて知って衝撃を受け、いろいろな想いがジワジワと湧き上がってきます。

沖縄本島北部のやんばる(山原)と言われる地域にある、東村・高江集落。
その集落を取り囲むように新たに6ヶ所のヘリパッド(ヘリコプターの離着陸帯)を建設。そこでは、あの墜落事故が多い「オスプレイ」の飛行訓練が行われる!?

住民への説明もないままに、強行される工事。
そこで、やむにやまれず座り込みをする住民を「通行妨害」で、国が訴えました。
訴状には、座り込みの現場に行ったこともない7歳の少女の名前が。
こういった国策に反対する住民を国が訴える弾圧・恫喝目的の裁判をアメリカではSLAPP(Strategic Lawsuit Against Pubric Participation)裁判と呼んで、多くの州で禁じられているのだそうです。日本には、これに相当する法律がありません。

全国各地で聞いたことのあるような、住民無視の「国策」という名の暴走を知らなかったですまないのは、東京電力の福島第一原子力発電所の大事故の現状をみれば、わかります。
関係ないと思っていても、自分たちにも降りかかってくることが、あちこちで起こっていますよね。「コワイ」と、思います。

==========

12月、慎重審議を求める多くの声を無視して、「特定秘密保護法案」が強行可決された今あらためて、この映画のシーンを思い返してしまいます。

|

« ノウタケ!? | トップページ | またまた来ました、赤岳~。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ブログ初めて拝見♪fish

投稿: 風待文庫 | 2014年4月 9日 (水) 04時53分

風待文庫さま
ブログ訪問、ありがとうございます。
ときおり、更新が滞ってしまいますが、これからも、よろしくお願いします。happy01

投稿: きょうりゅうや | 2014年4月 9日 (水) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536186/58745324

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『標的の村』:

« ノウタケ!? | トップページ | またまた来ました、赤岳~。 »