« ラオスの風を感じるひととき | トップページ | ぽかぽか陽気で、春まっさかり。 »

2018年2月27日 (火)

南方熊楠のパワーはスゴイ!

180223dscn0320 上野の国立科学博物館へ、南方熊楠生誕150周年記念企画展南方熊楠-100年早かった智の人- を見に行ってきました。

粘菌の研究者として、鎮守の森を伐採する神社合祀令への反対運動をした人として、知ったのは、いつのことだったか。
今回、膨大な標本と古今東西ありとあらゆる文献からの筆写ノート・抜書(ぬきがき)をみて、あらためて、そのパワフルな活動に驚かされた。

180223dscn0314 熊楠の活動は、博物学にとどまらず人文科学など多岐にわたっていて、寄稿した雑誌の表紙を並べると、その興味関心の拡がりは広範囲におよんでいる。
この人のアタマのなかは、いったいどうなっていたのかと不思議に思う。
展示の案内文に、

“熊楠の頭の中をのぞく旅”に誘います。
とあるのは、ウマイなぁと思う。

以前に、ワタリウムで見た「クマグスの森 南方熊楠の見た夢」
でも、採集した菌類標本と記録や絵を描きこんだ「菌類図譜」のボリュームに圧倒されたけれど。

Dscn0321 そのときに買った、水木しげるさん著『猫楠 南方熊楠の生涯』を読むと、並外れた奇人・変人であったよう。

ほとんど論文を発表していないために、研究者として評価されなかった熊楠は、近年になって、大量の資料を収集・蓄積し、操作・処理した「情報提供者」として評価されるようになったのだとか。

ともあれ、稀代の変人であり、智の巨人、南方熊楠を感じられる展示。3/4(日)までと残りわずかですが、お薦めです。
同時開催の「地衣類-藻類と共生した菌類たち-
も、きれいな地衣類の標本をぜひ見てみてください。

☆『街なかの地衣類ハンドブック』も、どうぞ。

|

« ラオスの風を感じるひととき | トップページ | ぽかぽか陽気で、春まっさかり。 »

きょうりゅうや」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

生きもの・植物関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536186/66438570

この記事へのトラックバック一覧です: 南方熊楠のパワーはスゴイ!:

« ラオスの風を感じるひととき | トップページ | ぽかぽか陽気で、春まっさかり。 »