日々のつぶやき

2017年1月23日 (月)

「冬眠」していたワケではないのですけれど、、、。

気がつけば、昨秋以来というブログ更新。
すっかりご無沙汰いたしました。
これからまた、ゆるゆると発信いたします。
どうぞ、お付き合いいただきますよう、お願いいたします。
身辺にて、いろいろと起こる難題に、ちょっと気分が挫けておりました。

2017年も、よろしくお願い申し上げます。

161228_001_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 7日 (水)

トマトコンポートをつくってみた。

朝夕に吹く風は、秋の気配になってきたものの、このところ台風の影響もあってか、妙に蒸し暑くて、ちょっとぐったり。

手ごろなトマトを見つけたので、
「トマトコンポート」を作ってみた。
テレビでやってたのを作ってみたら、おいしかったよ、と友だちから聞いて、気になっていたので。
レシピには、トマト6~7個に、レモンの輪切り3枚とあったけど、ないので「木頭柚子しぼり」を使い、 グラニュー糖1カップは、モラセスシュガーを。シナモンスティック1本の代わりには、さて何を使おうかな。
そうだ、ちょっぴり残っていた「キャトルエピス
(ブラックペッパー、ナツメグ、クローブ、ジンジャー、シナモン)」があった。

湯むきして皮をとったトマトを鍋に並べて、ヒタヒタにかぶるくらいの水を入れ、コトコトと煮るだけ。
粗熱をとって、シロップごと容器に入れて冷蔵庫へ。

20160907_002 さあ、できた。
トマトの赤色が落ちているし、シロップもミックススパイスのキャトルエピスの茶色が勝って、見た目は、いまひとつ。

味は?んっ、冷たくてさっぱり、なかなかおいしい!
ピリッとするのはブラックペッパーとジンジャーかな。
少し甘いので、モラセスシュガーの量が多かったみたい。
意外と手間要らずで、簡単に作れたし、保存も効きそうなので、今度は素材やスパイスの組み合わせを変えてみよう。

000353big_2 00392big 手元にレモンがないときには、「せとだのれもん」「木頭柚子しぼり」

いろいろ使えて重宝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

お蚕さんを食べる!?

私が気に入るだろうと、姪っこが、持ってきてくれたのが、こちら。

2016082711160000 職場で、お土産にいただいたものだそう。
「うわぁ~、よくできているねー。」と、さっそく包装から出して、撮影会となりました。

桑の葉っぱにのったお蚕さん。
これ、チョコレートです。

すぐに食べちゃうのは忍びなく、冷蔵庫に入れていたのを今日、食べてみた。
2016082711150000 見つめられると、ちょっと食べにくい。

お蚕さんは、ホワイトチョコレートで、ぷつぷつと色変わりで入っているのは、クランベリーらしい。
サクサクとした食感のクランチチョコで、なかなかおいしい。
みどり色の桑の葉は、甘さ抑えめで、こちらもいけます。桑の葉パウダーが入っているとか。
世界遺産となった富岡製糸場の人気お土産。

台風の影響か、今日も蒸し暑い。
でも、そろそろチョコレートがおいしい季節になりますねー。
融ける心配のない11月あたりには、取り扱い再開できると思うので、いましばしお待ちくださいね。

9221big_2 イモムシは、「きゃぁ~っ。」と苦手な方がいる一方で、「好き!」という方も少なからず、『イモムシハンドブック』は、好評のうちにシリーズ3冊めも刊行されてます。
うちでも密かにご要望が多いのです。

カイコは、第1巻に掲載。
「絹糸をとるために家畜化されたイモムシ。」
同じページには、カイコの野生種と考えられている「クワコ」が載っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 3日 (木)

初心を思い出してみる

先日、ご近所の方から道で声をかけられた。
「家の片付けをしていたら、あなたが載っている新聞の切り抜きが出てきたの。持っていなかったら、持って行くわね。」と。

0001_2 こちらが、開店して2年になろうかという1994年の日本経済新聞に紹介された記事。

わがことながら、懐かしい。
取材を受けたときのことは、よく覚えている。なにしろ小さな店で営業しながら、たしか1時間以上は話しをした。
で、できあがった記事をいただいたら、「足元には土つきの野菜がある。」とあって、「えっ、うちの店では野菜は扱ってないのにな。」と困惑したのだった。

記事中にある「エコロジー事業研究会」は、開店はしたものの、もがいている時期に、想いを同じくするなかまと考えたり、悩んだり、情報を共有することで、どれほど勇気づけられたことか。
主宰の「加藤哲夫さん」が、2011年に病気で亡くなられたときは哀しかった。「ありがとうございました!」と、いくら言っても足りないくらい、お世話になりました。

旧い新聞記事で、店をはじめたころの想いを思い出していたら、また「“きょうりゅうや”っていう屋号には、どんな意味があるの?」と、
知人から聞かれた。

そこで、ホームページの「きょうりゅうやとは?」に書いたものをちょっと恥ずかしいけど、ご紹介します。

 “きょうりゅうや”は、今日流屋。大好きな恐竜と今日流をかけて、ひらがなで、きょうりゅうや。1992年2月に、東京の杉並区高円寺の商店街に店舗を開いたのがはじまりです。
 「自然とくらし」関連品を中心に、安全・安心、心地よいもの、おもしろいものなどを欲張りに揃えた品揃えの店となりました。 そのときの青臭い気持をこめた文を紹介します。


恐竜の時代から今日にいたるまでの長い年月
失われたもの、変わったものに思いを巡らせる
自然とのかかわり方をみつめ
いまの暮らしを少し変えてみる
そろそろ、そんな時がきたような気がして
今日流の生き方を考えるきっかけになれたなら・・・・
そんな思いを込めてつくったスペースです


 1996年からは、オンラインでの販売を始め、2001年に高円寺の店舗を閉めて、オンラインのみの営業となりました。
 2003年11月より、独自ドメイン kyoryuya.com を取得し、変貌を続けています。
 これからも、お客様からの要望やご質問に丁寧にお応えしていくことを心がけてまいります。何卒、よろしくお願い申し上げます。

思いがけず、“きょうりゅうや”をはじめた頃のことを思い返すこととなり、現状の問題点に向き合う気力がでてきたような気がします。
なにか新しいことをはじめるときのパワーには、特別なチカラがありますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月31日 (月)

ひとりでも声をあげること

今年の夏は、戦後70年という節目の年ということで、先の戦争を検証するテレビ番組が、例年以上にたくさん放映された。戦争体験を語ることのできる方々も高齢となり、ふりしぼるように話される貴重な証言に、真摯に耳を傾けることが、戦争を体験していない私の夏の年中行事のひとつ。

「知っている」つもりになっていても、印象が薄れてしまったり、新たに知って驚くことがあり、せめて夏になったら、繰り返し「戦争と平和」について、想いを巡らせたいと思って。

そんな戦後70年に、多くの「憲法違反!」の声を無視して、憲法解釈のみを変更して、同盟国であるアメリカの戦争に参加することができる「安全保障関連法案」の審議が、いま参議院で続いている。

こんな問題の大きい法案は「廃案に!」というワケで、昨日8/30(日)国会周辺には12万人とも言われる人が全国から駆けつけ、「安全保障関連法案」=「戦争法案」を廃案に、と声をあげた。

150830dscn7455_2
地下鉄有楽町線・桜田門駅を出ると、すでに国会前交差点に人があふれている。まんなか奥には、遠く国会議事堂、右上には取材のヘリコプターが見える。


会場へと急ぐと、すでに車道も歩道もヒトヒトヒトで、スゴイことになっている。なんとか立っていることのできる場所を確保して、間近にあるハズのステージからのスピーチを聴く。

私も、友だちとともに、その場にいた。
でも残念ながら、ステージが見えな~い。

あちらもこちらも、まさに「立錐の余地がなく」まるで満員電車の人混み。

150830dscn7457_2で、かろうじて、白と黒の風船で浮く巨大なバナーが目に入って、シャッターを切ったのがこれ。

霧雨が少し強くなったころ、人波が動いて空間ができたところで、少し移動してみる。途中、この人混みで、奇跡的に知人とすれ違い、うれしくなって思わずハイタッチ。ステージそばで撮影していたという。

帰宅後に新聞社などの画像や動画を見て、「あ~、あのときは、こんな感じになっていたのね。」と見入ってしまった。
「おかしいよ。」「その法案、ちょっと待った。」と思って、声をあげる場が確保され、居合わせることができて、よかった。

私が小学生のころ、戦争があったと知って驚き「戦争に反対という人はいなかったの?」と思って、おとなに聞いた。
おとなになった今、そんな質問を受ける日が来ないように、声をあげ続けようと思う。

通常国会での95日間の会期延長がきまったときに撮った画像も、この夏の記録として、上げておきます。

2015062418450000
150624dscn7211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

スイカの思い出

好きな食べ物はいろいろあるのですが、夏と言えば「スイカ」。
店頭に並ぶ野菜や果物に季節感がなくなった今でも、ギラギラ照る陽射しで疲れた体に、冷たいスイカはおいしいですよね。
今シーズンは、まだ食べていないのですけど。

子どものころ、夏休みが終わるのが寂しいのと同じくらい、「あ~、もう少しでスイカが食べられなくなっちゃうなぁ。」と、過ぎ行く夏を惜しんだほど。
好きでした、スイカ。


Dscn5961最近では、スイカの人気は下降気味なのだとか。
冷蔵庫に入らないとか、食べきれないとか、残った皮が生ごみになって面倒とかが敬遠される理由なのですって。

たしかに少人数では、あの大玉の西瓜を切っても、おいしく食べきるのが難しいために、私も食べる回数が減っているのでした。 

手ぬぐい 西瓜(すいか)」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

さよなら原発!

ブログを書くのがすっかり疎かになってしまい、アップする記事の日付が前後してしまうけれど、備忘録として少しずつ書いておくことにします。

さよなら原発!三鷹アクションが主催するパレード今年も6月と11月の2回行われ、私も参加しました。

鹿児島140629dscn5910県の川内原発再稼働、海外への原発輸出など、まるで福島での原発大事故を忘れてしまったかのような状況に危機感を覚えます。

突然の原発事故で故郷に戻ることができずに避難している方、不安と心配を抱えながら故郷にとどまって生活している方、原発再稼働よりも「安全と安心」を届けることこそ、まずは取り組まなくてはならないことだと思います。

福島県だけでも、123,023名の方々が、現在も避難生活を送っていらっしゃいます。
平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報  (第1330報)
復興庁発表の全国の避難者等の数

環境省発行の「平成25年版 環境・循環型社会・生物多様性白書 」第1部第1章の「第1節 放射性物質に汚染された地域の復興に向けた取組」の地図とグラフを見ても、平成26年版の「第2章 被災地の回復と未来への取組」にある住民の健康管理、放射性物質に汚染された土壌・廃棄物の問題など、長期的にじっくりと取り組まなくてはならない課題が山積みです。
事故をおこした4機の原発の廃炉作業は、何十年という先まで続きます。

140629dscn5922

折しも、12/14(日)は衆議院議員選挙です。解散を決めた総理は、消費税を8%から10%へと値上げするのを先延ばしにすることを選挙で「国民に問う」と言っていますが、原子力発電所をゼロにするのか電力源としてこの先も使うのかも、大事な争点ですね。
ほかにも、集団的自衛権の行使、憲法をどうとらえているのかなど、私たちだけではなくて未来のヒトたちにも大きな影響が出てきそうな課題がたくさんあります。

誰を選んだらいいのか参考になる、候補者の考えが自分と近いかどうかをみることができるサイトがいくつかありました。
毎日新聞ボートマッチ「えらぼーと 2014衆院選」
朝日新聞と東京大学・谷口将紀研究室の共同調査

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

びっくり!大雪。

東京でも、2月3月の受験シーズンに積もるほどの雪が降ってニュースになることはよくあるけれど、今年の2月はすごかった。

140208dscn5549_2 2/8(土) 、 見渡すかぎり真っ白の雪景色で、都内の積雪は27㎝。
この日、千葉県では、33㎝積もった。

ところが、これで驚くのはまだ早かった。
一週間後の15(土)、前夜から降り続く雪はものすごく、記録的な大雪となり、豪雪地帯ではない山梨県甲府市では、なんと114㎝という積雪を記録。

道路も電車も積雪で、まったく動けないという緊急事態となった。大雪への備えのなかったところで、しかも適切な対応がなされず、全国的に大きな被害がでることとなった。
東日本を襲った大雪・暴風雪については、くわしくは気象庁のこちらのページ を。

140215dscn5555_2 私も、翌日から雪かきに精を出すも、前の週とは違って水気を含んだ重たい雪は、
なかなか減らない。
このあと、長いこと道には溶け残った雪が。

高速道路上で立ち往生となったり、一週間ほど身動きとれずに孤立することとなった地域もあり、ビニルハウスの倒壊など農業被害も甚大と、その影響は今も続いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

井の頭公園で、お花見しました。

140405dscn5629 ようやく咲いた桜、強い風に雨も降って、ゆっくり楽しむ前に「散っちゃう」と、心配だったのですが、間に合いました。
ぽかぽか陽気の土曜日
(4/5)、飲み物食べ物をひろげて、「お花見」!

お花見スポットとして有名な井の頭公園も、公園のはじっこのはじっこ部分は、人出もすくなくて、のんびりしてます。

140405dscn5621

手前にあるのは、シュンラン(春蘭)です。
食べるのは、初めて。酢に漬けて、さっぱり味。
香りに春を感じます。

140405dscn5622

あ~、この酢のものは、なんの魚だったかな?
食べるのに忙しく、メモし忘れました。

140405dscn5623_3

ちらし寿司も、何種類かあって、迷ってしまいます。

140405dscn5627_2風もなく、日焼けしそうな陽射し。
青空を背に満開のさくら。

140405dscn5628_3舞い散る花びらが、オレンジケーキの上に。

初対面の方、知り合って45年になるという旧知の方、わいわいと思い出話にも花が咲き、楽しくおいしいお花見となりました。

140405dscn5625_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

銘菓 恐竜ッ子!?

近くに行ったので、福井県のアンテナショップ「ふくい南青山291」を覗いたら、ちょっと気になるお菓子をみつけてしまった。(先月8月のこと)

130820dscn4846その名も、「銘菓 恐竜ッ子」。
味わいは、見てのとおり「ひよこのお菓子」って感じでした。
パッケージはいい感じなのに、現物の形がザンネン!?

どうやら、福井県立恐竜博物館のオープンを機につくられたようです。

この恐竜博物館は、ぜひ行ってみたいところのひとつなのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)